映像や音楽などのデジタルメディアをコンピュータを使ってその魅力を十分に引き出すためのサイトです
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 連動

タグ : 連動

LEDをハンダ付けする際の注意事項

デジタル屏風ではステレオミニプラグから入力したサウンドデータを周波数3200Hzを境に高音と低音のそれぞれの音量を調整できる音調調整スピーカーの開発をしています。 音量に応じてLEDの明るさを変える仕組みです。試作活動を …

音調調整スピーカーの試作完了

デジタル屏風では、音楽に光が連動する光音共演コンピュータの開発を行っています。音の周波数に応じた音量調整ができる音調調整スピーカーの試作を行いました。加齢による難聴の困り事を考慮し、3200ヘルツを境に高い音(緑のLED …

3Dプリンタ利用の実際(底面の反りの対応)

デジタル屏風では音楽に光が連動する音光共演コンピュータの開発を行っています。現在新製品を試作するため3Dプリンタを駆使しているところです。 ◆新製品の様子 今回3Dプリンタを実際に使う際に得られた経験を記述します。3Dプ …

大きなサイズのフィラメントリールの活用

デジタル屏風では音楽に光が連動する光音共演コンピュータを開発しています。スピーカーおよびアンプを格納する筐体を3Dプリンタで作成しています。 3Dプリンタはflushforgeのfinder(約5万円で購入)を使用してい …

3Dプリンタ工作とねじ類の組合せ

デジタル屏風では音楽に光が連動する光音共演コンピュータの開発を行っています。アンプとスピーカーを組み合わせた新製品を3Dプリンターを使って試作しています。 今回の話題は3Dプリンターの工作物を補完するねじ類(ねじ、ナット …

3Dプリンターによる物づくりの実際

デジタル屏風では音楽に光が連動する光音共演コンピュータを開発しています。現在新製品を開発するべく3Dプリンターを使ってスピーカー等を格納する筐体などを作っているのでその経験について発信します。 デジタル屏風ではFlush …

3DCADの実際(部品の組み上げやすさと部材を少なくする考慮)

デジタル屏風では音楽に光が連動する音光共演コンピュータを開発しています。現在新製品を開発するべく、3DCADソフトウェアFusion360を使って新製品の筐体の設計を行っています。3DCADソフトで作成した設計図はSTL …

3DCADFusion360利用の実際(球形とその接合部分について)

デジタル屏風では音楽に光が連動する光音競演コンピュータの開発を行っています。デジタルフィルタをもったスピーカーシステムを新規に開発するため3DCADシステムFusion360を使って3Dプリンタに入力する設計図を作成して …

3DCADソフトウェアFusion360の利用経験

デジタル屏風では音楽に光が連動する光音競演コンピュータを開発しています。現在アンプやスピーカーを使った新製品を開発中でその筐体の作成に3Dプリンタを使うため、3DCADソフトウェアFusion360を使って3DCADを行 …

3Dプリンタでのプロトタイプ作成

デジタル屏風では、音楽に光が連動する音光共演コンピュータの開発を行っています。新製品のプロトタイプの作成を行っています。新製品の電子回路は目処が立ち、スピーカーと電子回路を格納する筐体の作成を行っています。筐体の作成には …

1 2 3 17 »

カテゴリー

  • twitter
PAGETOP
Copyright © デジタル屏風 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.