PICKIT4の利用経験

デジタル屏風では、音の周波数領域ごとに音量が調整できる音質調整スピーカーを開発しています。

屋外での監視システムを作るため、PICコンピュータでの試作を行っています。PICコンピュータの利用は初めてですが、「電飾しましょ!2」(どろぼうひげ著)を参考に始めています。

今回試作している監視システムでは、音声の出力を考えているため、音声合成LSIの利用を検討しています。音声合成プロセサとの通信でSPI通信を利用するため、「楽しい電子工作」(神田民太郎著)を参考にPIC16F1823を使用しました。秋月電子で110円で購入です。

◆PICKIT4の機能性

「電飾しましょ!2」には、未経験者がPICプログラミングをするための方法がわかりやすく書かれていてお勧めです。この本に書かれている通り、PICライターと書き込みアダプターを秋月電子で購入しました。PICライターはPICにプログラムを書き込む装置で、「電飾しましょ!2」ではPICKIT3が使われています。しかし秋月電子では後継のPICKIT4しか販売されていない(2020年10月)ようです。秋月電子の製品説明を見るとPICKIT3の後継機で高速化されているということで問題ないだろうと思い購入しました。マイクロSDHCカードスロットがあり、MICROCHIP社のホームページを参照すると、マイクロSDHCを使って持ち出しができるとの説明があります。室内で利用する分にはマイクロSDHCカードが刺さっていなくとも動作しました。

◆書き込みアダプターの配線

秋月電子で購入したアダプターの説明書通り使用するPIC16F1823用に付属のジャンパーケーブルで接続しました。PIC16F1823の乗せ方は、説明書にある通りに行いました。

◆PICKIT4と書き込みアダプターの接続

書き込みアダプターも秋月電子から購入しましたが、これがPICKIT3用でアダプターの非番部分とPICKIT4の本体がぶつかり、説明書のようにさくっと刺さりませんでした。

(説明書の記載)

そこで暫定的ではありますがジャンパーケーブルを使ってPICKIT4とアダプターを接続しました。

◆MPLAB X  IDEでの設定

MPLAB X IDEでのプロジェクトの作成は「電飾しましょ!2」の通りで実施でき、プログラムのコンパイルもできました。PIC16F1823を使用しているためPICマイコンのポートの識別が異なるため、修正が必要でした。

◆XC8コンパイラの利用について

音声プロセッサの利用に関しては「楽しい電子工作」(神田民太郎著)を参考にPIC16F1823を使用しましたが、この本ではSPIを使用するためにCCS-Cを使うと記述されています。私がMICROCHIP社のホームページで調べたところXC8についてもSPI通信は利用でできるので、XC8を利用します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です