今注目されている技術にプロジェクションマッピングがあります。映像を建物の壁などに映し出し、不思議な美しさを作る技術です。筆者も以前アメリカのラスベガスで室内なのにまるで青空のように見える場所に行ってきました。複数台の輝度の高いプロジェクターで青空を映し出しているのです。とても印象的で美しいものでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じように青空を映し出す施設が東京のお台場にありました。こちらも複数台のプロジェクターを使って室内でもあたかも屋外で青空を見ているような美しい光景でした。こういったものが低価格で実現できれば良いのですが、複数の高価なプロジェクターを同期させ、しかもプロジェクターを据え付ける工事に多大な費用がかかるというのが現実です。

このような光の演出をより低価格で実現し、広く普及できないか、というのが光音共演コンピュータの試みです。映像を映し出すにはプロジェクターが必要となりますが、印象的な色の光だけでも、音楽に併せて演出できないか、との考えです。

光音共演コンピュータについての詳細はこちら。